生活保護を受給しながら自己破産をした体験談

生活保護受給しながら自己破産をしました。

理由は一つで生活保護受給申請したときに担当のケースワーカーに勧められたからです。
他にも理由はありますが最大の理由は生活保護受給中の自己破産はすべて弁護費用が無料ということです。
それもあったので自己破産を申請しました。

結果として自己破産は決定して弁護費用は無料で支払わずに済みました。

流れとしてはまず市役所の市民相談窓口なるところにケースワーカーと一緒に自己破産の相談をします。
この窓口では自己破産に必要な書類の説明の他に弁護士に提出する書類の書き方などを教えてくれます。
その書類が出来たら弁護士のところに行って相談して弁護士が受任しますって言ってこれで自己破産手続きの開始です。

同時に弁護費用の手続きもします。これは弁護士事務所でやります。
弁護士事務所が法テラスに請求して法テラスが一時的に弁護費用を立替ます。
ですので弁護費用は法テラスが一時的に弁護士事務所に支払います。
この弁護費用は自己破産がすべて解決してから法テラスから書類が届きます。
その書類が届いた時点で収入があるのか生活保護受給中なのか記入して法テラスに送ります。
そして法テラスで審査して弁護費用支払い義務有り無しが決まります。
この審査は半年から一年くらいかかります。

私の場合は負債額405万円の自己破産を自己破産決定までに半年で法テラスの支払い免除決定が三か月で決まりました。
法テラスの審査は予定より早かったです。

それと自己破産するなら早期に弁護士に頼むことです。
これはサラ金でもローン会社でも貸倒引当金っていう保険を適用するためです。
要はお金借りてる人が返済出来なくなった場合の保険です。
この保険適用するには弁護士の受任承諾書なり弁護士が受任して債権者に連絡しないと保険が適用できないので
そういう面からも自己破産手続きは弁護士に依頼しましょう。

自己破産手続きは大変ですがやり直すためには時として必要です。上手く利用しましょう。






シェアする

フォローする

管理人を助けて
管理人の欲しい物リスト(amazon)
Bitcoin:15ZC3gHCeFGZt8kD5SkXtV1UKypZYNJRKr
Ethereum:0x27c8f277a98038f1e2d064e5c575e098fefed6da
Litecoin:LWQQSYAVPky9QQss8PUpfYvTJaJEWMM5nQ
Dogecoin:D93gnNmZDfYhtbWv69qHWKVUhtw3wAgUeF