借金でどうしようもなくなった人の最終手段「自己破産のデメリット」について

自己破産とは、背負っている借金の返済義務を免れることができる債務整理のひとつです。

裁判所を通して借金の返済義務を免除してもらうのですが、2つの申立が必要になります。
それは「破産の申し立て」と「免責の許可の申し立て」です。
免責の許可が降りることで借金が免除になります。

しかし、自己破産にはデメリットが多く、借金でどうしようもない人の最終手段です。
自己破産をするデメリットとしてまずあげられるのが「家族に迷惑がかかること」です。
自己破産することで車など没収に値する資産と見なされるものが
自己破産する人の名義で購入していた場合、家族共有で使用していたとしても没収されてしまいます。

あと、自己破産するデメリットとしては「クレジットカードが利用できなくなること」です。
自己破産を行うと信用情報機関にブラックリストとして名前が登録されてしまうため、
クレジットカードを作ろうと思ってもクレジットカード会社が返済能力のない人と決めつけてしまうのでクレジットカードを作ることが困難になります。
クレジットカードだけではなく、その他のローン、キャッシングなども当然利用できなくなってしまいます。

自己破産をするのはデメリットが多く、諸刃の剣なので、最終手段として利用することをおすすめします。