消費者金融からお金を借りた経験談

数年前、私は今よりももっと貧乏で、安い給料だけでは生活費が足りないため、とうとう消費者金融からお金を借りることになりました。

借金の始まり

選んだのはCMなどでも流れている有名な消費者金融でした。
審査はとても簡単で、すぐにお金を借りることができましたが、
始めは十万だけと上限が厳しいものでしたがこれで生活が出来るととてもうれしい思いでいっぱいでした。

借りているという感覚が薄れる

それから返済日には返すようになったのですが、それでも生活費が足りずに返しては借りるの繰り返しをしていました。
そんなとき、上限が五十万円まで上げることが出来るという知らせが来たのです。
始めに受けたように審査ですぐに五十万円まで上げることが出来、これでようやく生活が楽になると思ってしまいました。
このとき、私は消費者金融から借りるお金は自分の貯金のような感覚になっていたのです。
五十万円まで借りるのにそう時間はかかりませんでした。
ギリギリで生活をしていたのに五十万円まで借りることが出来ることに、私は五十万円の貯金があるかのような感覚でいたのです。

返済はしたものの、支払った利息に後悔

私はようやく自分の愚かな考えに気がつき、仕事とは別にバイトをして借金を返すことに集中しました。
結局初めて借り入れをしてから五年間、返しては借りてを繰り返し、取られた利息を考えると、自分の愚かさに今でも後悔しかありません。






シェアする

フォローする

転職成功かと思いきや1ヶ月で首チョンパ状態(会社都合)の管理人を助けて
管理人の欲しい物リスト(amazon)
Bitcoin:3DDwiXyjzsVetMmTUo9WM6JNaTXeho4Qay
Ethereum:0x29Acdd6bD3F35Dd11B6e93238733fA1F3370153A
Litecoin:MGTqCfEN2vEHXchqCC8BiwBjTcBwetzQH8
Dogecoin:DDAsyJGMdcs3Vd5tGacfdqCGrzpxmcVMZ9